ノブの動作不良

modern home

ドアノブの部品交換について

ドアノブのトラブルにおいて一番多い原因は、部品の磨耗です。長年ドアノブを使っていると、回転する部分のラッチという部品が経年劣化してしまいます。ラッチというのはドアノブの一番奥にある部品のことで、へこんでいる穴とドアを開ける時にカチャっという音を立てる部分のセットのことです。精密な部品でドアによって使われている部品も違うため、ドアが開きにくいなどのトラブルに見舞われたら、すぐにドアノブ修理の専用業者にお願いしてみましょう。最近では低価格で部品交換を行ってくれる業者もたくさんあり、スピーディーな対応を期待することができます。電話やインターネットから、ドアノブ修理業者へ簡単に連絡することができるので、利用してみるのがおすすめです。

ドアノブ交換はプロにお任せしよう

ドアノブはドアに対して小さなパーツであるにもかかわらず、精密な作りになっています。ドアノブの調子が悪いと個人で修理をすることは不可能ではありませんが、しっかりとした知識と技能を持っていないと、一般の方がドアノブ修理を行なうのは大変危険です。ドアの厚さや部品の大きさ、取り付け方など、ミリ単位で正確に測って取り付ける必要があり、少しでもずれていたりすると、ドアの開閉ができなくなってしまいます。また、取り付ける際にも締め付けが甘かったりなど、ちょっとしたことが原因で、ドアが使えなくなる恐れもあります。きちんとした知識と技能を持っていない場合には、やはりドアノブ修理業者にお任せして、その道のプロに修理交換をしてもらうのが一番です。